【Unity+Oculus Quest】ALVRとSteamVR Pluginを使って開発作業を楽にする

Pocket

Unityで作成しているアプリをOculus Questで動作確認するには、通常、毎回ビルド、アプリの転送をしないといけないらしく非常に面倒くさいです。

ALVRというプログラムとUnityのSteamVR Pluginを使うと上記の作業をせずに、再生ボタンを押すだけでQuest上で動作確認することができます。

ALVRはPCで起動しているプログラムの画面をOculus Questに飛ばすことのできるプログラムで、SteamVR PluginはUnity上でSteamVRアプリを開発するためのプラグインみたいです。

こちらの記事の手順通りに行って、無事動作してくれました。

UnityEditor上でOculusQuestを動かす【ALVR】 | Unity for AEC
こんにちは。UnityEvangelistのいっせい(@issey_tsumiki)です。OculusQu…

 

“【Unity+Oculus Quest】ALVRとSteamVR Pluginを使って開発作業を楽にする” の続きを読む

Pocket

【Unity+Oculus Quest】Unityをインストールする

Pocket

Oculus Questを購入したので、Unity+Oculus Questで開発をするためのメモを残していきます。まずはUnityのインストールからです。

実行環境

  • Unity 2019.2.9f1
  • Windows 10 Home 64bit
  • CPU : Intel Core i7 6700
  • GPU : NVIDIA Quadro K620
  • RAM : 8GB
  • Oculus Quest : 128GB(128GBしかなかっただけで、特に理由はないです)
  •  

“【Unity+Oculus Quest】Unityをインストールする” の続きを読む

Pocket

イラレのスクリプト用まとめ

Pocket

イラレスクリプト用の備忘録です。

実行環境はAdobe Illustrator 2019です。

“イラレのスクリプト用まとめ” の続きを読む

Pocket

固定荷重の算定

Pocket

固定荷重とは

固定荷重とは建物自体の荷重のことです。施行令84条によると

建築物の各部の固定荷重は、当該建築物の実況に応じて計算しなければならない。ただし、次の表に掲げる建築物の部分の固定荷重については、それぞれ同表の単位面積当たり荷重の欄に定める数値に面積を乗じて計算することができる。

建築基準法施行令 第八十四条

とあり、表に記載の部分については表の数値によって算定してもよいと規定されています。

“固定荷重の算定” の続きを読む

Pocket

構造計算の必要な建物とは

Pocket

構造計算が必要になる建物についてのメモです。

結論から言うと、次の建築物については構造計算が必要となります。

  1. 高さが60mを超える建築物
  2.  第六条第一項第二号に該当する建築物(木造で、3階以上又は延面積が500㎡、高さが13m若しくは軒高が9mを超えるもの)
  3. 第六条第一項第三号に該当する建築物(木造以外で、2階以上又は延面積が200㎡を超えるもの)
  4.  主要構造部が石造・れんが造・CB造・無筋C造その他これらに類する構造で高さが13m又は軒の高さが9mを超えるもの

“構造計算の必要な建物とは” の続きを読む

Pocket