輪郭を捉えるのが下手くそだからネガティブ・スペース・ドローイングをやったら迷い線が消えた

Pocket

一週間スケッチをしてみて気づいたのは物の輪郭を捉えるのが下手くそってことでした。そもそも輪郭なんて意識していなかったのかも。

Posemaniacs.comでネガティブ・スペース・ドローイングというドローイング訓練が紹介されていたのを思い出したので、とりあえず一週間スケッチと同じく一週間、一日に1時間程やってみました。

結論からいうとこの訓練は迷い線を無くすのにおすすめです。

1日目! 

何をやるにしても一番やる気の出る初日ですがこれも例に漏れずすぐ飽きました。4体描いてその後速攻嫌になってスマホとか描いたりして結局この日の成果は4体と3個。

dsc00001

気を取り直して2日目

2日目は途中で時計を描きつつ14体も描きました。意外!全体的に小さくまとまっているみたいですね。この時はまだ、「今手を描いている」「今足」みたいに頭の中に浮かんでいました。

dsc00004-2

ちょっと変わった3日目

このあたりで人を描いていると意識せずに描けはじめました。意外と早かったです。絵も割と大きくなってきたようです。

dsc00012

 

4日目……踏ん張りどころ

この日でやる気ががくっと落ちました。飽きてケースとか物の絵が多くなっていたり。このあたりが踏ん張りどころですね。

dsc00024

気の抜ける5日目

最初に比べて中々バランスよく描けるようになっている気がしました。ただ最初と最後の線が合わないことがちらほらと見られます。

dsc00029

楽しくなってきた!6日目と7日目

このあたりになると1時間ずーっと人間の絵でも飽きずに出来るようになってきて、楽しくなってきました。

dsc00025

何が変わったかというと……

一週間やってみて、何か上手くなったのかと言われるとうーん……って感じですね。1カ月やったらどうなるか気になるので、ちょっとやり方をアレンジして続けてみます。

やってみて、輪郭を意識するクセはつきはじめました。イラストを描くときにも今まではザッザッって線引いていたのですが、あらかじめ描く線を意識して描くようにはなりましたし、これが一番の収穫です。

1週間スケッチの段階で既に下手くそなイラストに対しては抵抗力がついていたので、ネガティブ・スペース・ドローイングもイライラせずに出来ました。ありがとう一週間スケッチ!

Posemaniacs.comのネガティブ・スペース・ドローイングのページはここ!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。