「Fun With a Pencil」とお絵かきを楽しもう

Pocket

 

今は色んな本や資料など、様々なリソースが無料で使える時代です。

何か資料を探そうと思ったらまず無料のリソースがないか捜すくらいに。

今の時代必要なものと言えばあとは行動力くらいのものです。

お絵かきの資料なんて特に「こんなのも無料で使えるんだ」と思ってしまうようなものがたくさんあります。

というわけでインターネットから無料で利用できる資料の紹介です。

“「Fun With a Pencil」とお絵かきを楽しもう” の続きを読む

Pocket

トレード後の反省の仕方

Pocket

トレードした結果損失を出してしまうと、そのトレードを見直すのは結構つらいことですが、見直してみると意外といろいろな発見があるようです。

反省しようとするときに大切なことは、全体として「失敗した」と評価してしまわないことです。こうしてしまうと意味がないので、複数の項目に分けて評価することです。当たり前のことと言えば当たり前のことなんですが、悪いことが起きたときは大抵この当たり前ができなくなっています。

“トレード後の反省の仕方” の続きを読む

Pocket

numpy.arrayとタプルとリスト

Pocket

Pythonでは

タプル……要素を変更可能

リスト……要素を変更可能

と区別されます。

numpy.arrayオブジェクトはタプルからでもリストからでも作成できるようです。タプルからarrayをつくったときと、リストからarrayをつくったときの違いがよくわからなかったのでまとめてみました。

“numpy.arrayとタプルとリスト” の続きを読む

Pocket

[TradingView]Pineでカスタムアラートをつくってみる

Pocket

値動きの幅が一定以上になったらアラートをしてくれると便利だなぁと思ったのですが、TradingViewのPineでは独自の条件を定義してカスタムアラートをつくれるようなので簡単につくってみました。

“[TradingView]Pineでカスタムアラートをつくってみる” の続きを読む

Pocket

Pythonで二項分布のグラフをプロットしてみる その2

Pocket

今回は以下の記事でプロットした二項分布を「FigureとAxisを明示的に使ってプロットする方法」でやってみました。

Pythonで二項分布のグラフをプロットしてみる
二項分布とは、ベルヌーイ試行という試行についてみられる確率分布のことだそうです。 ベルヌーイ試行とは何かというと、「ある現象についてAかBのどちらかが起こる」と...

 

matplotlibでは、グラフをプロットする際、内部的にFigureやAxisといったオブジェクトを扱っていますが、前回のやり方ではFigureやAxisといったものを意識せずにグラフのプロットが出来ていたようです。

そこで、明示的にFigureやAxisといったオブジェクトを生成してグラフをプロットしてみることにします。

そもそも、Axisは描画するグラフや図形を格納しているクラスのようです。
FigureはそのAxisを保持していて、つまりAxisを配置するためのエリアという感じになっているみたいです。

“Pythonで二項分布のグラフをプロットしてみる その2” の続きを読む

Pocket