単回帰モデルを使った予測の流れ

Pocket

scikit-learnを使った単回帰モデルによる予測の流れは大きく6ステップに分けられそうです。

  1. データの下準備
  2. モデルオブジェクトの用意
  3. モデルの学習
  4. テストデータを使った検証
  5. 検証結果の評価
  6. 特徴量の調整

ポイントとなる関数や注意点についてまとめました。

“単回帰モデルを使った予測の流れ” の続きを読む

Pocket

Series.plot.hist()とSeries.plot(kind=”hist”)の違い

Pocket

Pandasを使うなかで、グラフのプロット方法が色々あって混乱していたのですが、そのうちSeries.plot.hist()のようにplotのあとにそれぞれのグラフのプロットを関数呼び出しをするような方法とSeries.plot(kind=”hist”,…)のようにplot関数の引数kindからグラフの種類を選ぶ方法の違いについて理解できたのでメモです。

結論は、違いはないそうです!

詳細
Pocket

予測の第一歩「予測の心構えと回帰分析」

Pocket

学習中のデータ分析についての備忘録です。短回帰モデルと重回帰モデル、これらを行う上で使うPythonのパッケージや関数等。

“予測の第一歩「予測の心構えと回帰分析」” の続きを読む

Pocket

冷静なトレードが出来なくなっているときの時間軸

Pocket

無駄なポジションを減らし、資金の減少を防ぐためには冷静なトレードが大切だと思いますが、問題なのはそれをどうやって実現するかです。

冷静なトレードをするためには自分が普段どういうトレードをしていて、冷静じゃないときにはどんなトレードをしてしまっているのかを知る必要があります。

その一つの目安として時間軸が使えそうです。

“冷静なトレードが出来なくなっているときの時間軸” の続きを読む

Pocket

1回目の読書は疑問を自覚するために

Pocket

今回は、本を読むということについて考えてみました。

僕は正直言うと、自分が「何かをちゃんと考えているのか」とか「何を感じているのか」分かりません。考えているって言っているだけなのかもしれないし、感じているって思いこんでいるだけで何も感じていないのかもしれません。

読書をしていても、何かを感じ取ったのか、本を読んで何かを学び取ったのかよくわからないことが多いです。

まぁ、こういうことは考えたところで分かるわけもないし堂々巡りになるので、自分がそう思っている、それだけで十分でしょう。

で、出来るだけちゃんと読むにはどうすれば良いのか。

“1回目の読書は疑問を自覚するために” の続きを読む

Pocket