トレード後の反省の仕方

Pocket

トレードした結果損失を出してしまうと、そのトレードを見直すのは結構つらいことですが、見直してみると意外といろいろな発見があるようです。

反省しようとするときに大切なことは、全体として「失敗した」と評価してしまわないことです。こうしてしまうと意味がないので、複数の項目に分けて評価することです。当たり前のことと言えば当たり前のことなんですが、悪いことが起きたときは大抵この当たり前ができなくなっています。

“トレード後の反省の仕方” の続きを読む

Pocket

[TradingView]Pineでカスタムアラートをつくってみる

Pocket

値動きの幅が一定以上になったらアラートをしてくれると便利だなぁと思ったのですが、TradingViewのPineでは独自の条件を定義してカスタムアラートをつくれるようなので簡単につくってみました。

“[TradingView]Pineでカスタムアラートをつくってみる” の続きを読む

Pocket

衝動的な行動を防ぐために自分の考えを形にしてみる

Pocket

僕はチャートを見ているとき、ちょっと油断していると感情的なエントリや衝動的なエントリをしてしまいます。これが、損失を広げている原因であることは少し前にようやく受け入れられたような気がします。ただ、これを防ぐための行動が全然伴っていない状況でした。

1ヶ月前から、こういった行動を防ぐために新しい試みをはじめてみました。それが「エントリに至るまでの自分の考えや感情、行動をチャートに記録していく」というものです。

“衝動的な行動を防ぐために自分の考えを形にしてみる” の続きを読む

Pocket

11月第4週のトレードまとめ

Pocket

マイナストレードの実リスクリワード比(ポジションをオープンしてからの逆行pipsと順行pipsの比率)は0.19とかなり低く、エントリ後ほぼ順行せずにそのまま逆行している。加えて、取引数量も最大値の1/4程度まで落としていた。

プラストレードの実リスクリワード比は1.2~2.98程度と悪くない。

トレードはレンジ内取引が2件、下げトレンドでのスキャルピングが1件。下げトレンドでの順張りが1件。

今週は明らかに間違った目線でのトレードはなかったと思う。つまりレンジ相場なのにトレンド相場でするような取引をしていなかった。

“11月第4週のトレードまとめ” の続きを読む

Pocket

MQL5でOHLC値を取得する

Pocket

MQL5でOHLC(Open High Low Close)の値を取得する手順です。

次の3行のコードで、任意の数のOHLCデータが取得できます。

“MQL5でOHLC値を取得する” の続きを読む

Pocket