[TradingView]長期債券と短期債券の利回り格差をプロットしてみる

Pocket

今回は長期利回りを米10年債券利回りと短期利回りを米2年債券利回りの差を計算して、その差をグラフとしてプロットするコードを書いてみます。

任意の銘柄のデータを拾うにはシンボル名が必要になりますが、米10年債券利回りと米2年債券利回りはそれぞれ

  • 米10年債券利回り⇒US10Y
  • 米2年債券利回り⇒US02Y

として取得できます。

“[TradingView]長期債券と短期債券の利回り格差をプロットしてみる” の続きを読む

Pocket

[TradingView]ループを使ってSMAをコーディングしてみる

Pocket

Forループを使って単純移動平均(SMA)を実装する手順をまとめました。そもそもForループを使う必要はないのですが、練習のために。

“[TradingView]ループを使ってSMAをコーディングしてみる” の続きを読む

Pocket

[TradingView]Pineで直線をプロットする

Pocket

TradingViewでカスタムインジケータを実装するのに使うPineスクリプトを使って、直線をプロットする方法です。特に直線をひくことに意味はありません。

“[TradingView]Pineで直線をプロットする” の続きを読む

Pocket

Pythonと学ぶ統計学入門 2 (母集団と標本)

Pocket

前回の記事で、母集団と標本という言葉が出てきました。
そのときに、それぞれについて

  • ある現象全体のことを「母集団」
  • 母集団から取り出した一部分を「標本」

と書きました。

今回は「母集団」と「標本」についてもう少し見てみます。

“Pythonと学ぶ統計学入門 2 (母集団と標本)” の続きを読む

Pocket

Pythonと学ぶ統計学入門 1 (分布と確率の意味)

Pocket

このシリーズでは、僕が統計学を学んだ内容をまとめていきます。と同時にPythonを使ってグラフを描いたりしていく予定です。

今回は、Pythonは特に使いません。

 

最初は、統計学の大きな考え方をまとめてみます。

“Pythonと学ぶ統計学入門 1 (分布と確率の意味)” の続きを読む

Pocket