【強迫性障害】確認しても確認しても不安なときに思い出してほしいこと

Pocket

以前投稿した記事で確認行為をしたか確実にすることで、その行為を減らす方法を紹介しました。

いくつかのことは、この方法で確認回数を減らせるのですが、出来ないこともあります。

それがコンロのオンオフや水道の蛇口の開け閉め、ライターの消火などです。

この類のことについて不安になったときには、いくつかのことを思い出すだけで確認したい気持ちを静めることができます。

「確認をユニークな出来事にする」のでは解決できない理由

以前紹介した方法は、「確認をユニークな出来事にする」というものでした。「玄関の鍵閉め」や「トイレの水を流す」といったものはこの方法を使うことで1回で済ませることができました。

【強迫性障害】確認癖がひどかった僕が、確認を1回で済ませられるようになった方法

これらには対応できて、コンロのオンオフに対応できない理由は、多くの不安が生まれやすいことにあります。

玄関の鍵閉めは、戸を引っ張るなりすることで閉まっているという事実が手の感触として強く残ります。

またトイレで水を流した時なんかも、目の前で汚物が流れているのを目の当たりにします。それが逆流してくることってまずあり得ませんよね。だから何となく平気なんですね。

それに対してコンロのオンオフでは、何かの拍子でスイッチが入ってしまっているのではと思ってしまったり、水道の蛇口なら微妙に水が出てしまっているのでは、と思ってしまうことがあります。

何かの拍子とは、例えばガスを切ってスイッチから手を離したその拍子にスイッチを動かしてしまったのではといった感じです。

確認行為を減らすためにはそれが不必要だということを自覚する

こういった類のことに対しては、「確認行為をユニークな出来事にする」という方法は効果がありません。その確認自体が失敗しているかもしれないと心配しているのですから。

なので、今度は「確認行為を何回もすることが無意味である」ことを自覚することが、確認行為を減らす第一歩になります。

コンロであれば、今までにコンロが原因で火事になったことがあるか思い返してみることです(私はありませんでした)。あるいはスイッチを切って、目で見て、ガスの臭いがしないか確認する以外に自分にできることはないと諦めることです

蛇口から水が出ているかもしれないという懸念に対しては、まず水が出っぱなしなら気づくはずということに気づいてください。仮に気づかないレベルで水が出ていたのなら今月は水道代を余計に用意しておけば良いだけの話です。安心してください、水が出てしまっていたのなら確かにもったいないですが、多くの人はもっとたくさんの水やものを無駄にしていますから。

この蛇口の件に関しても、仮に確認したにもかかわらず水がダダ漏れだったのなら……その時は眼科に行けば良いだけの話です。

こういう訳ですから、ある一定以上(2,3回程度)の確認行為には明らかに何の意味もありませんし、仮にそれ以上の確認行為に意味があるのなら、むしろ然るべき医療機関にかかって目や耳に問題がないかを確認するべきです。

まとめ-確認行為への執着を減らすために

確認行為への執着を減らしていくことは、確認行為を減らしていくことにつながります。そしてその執着を減らすためには、確認行為を減らしていく必要があります。

10回確認しているのなら、9,8,7….と段々と減らしていくことで確かに確認行為への執着も無くなっていきます。

意識的に確認回数を減らすために、その都度次の点を思い出すと良いです。

  • 自分に出来ることには限りがあるということ(出来る確認をして、それでも何かあったのなら諦めよう)
  • そもそも心配していることはそこまで気にすることなのかどうか。
    • 人それぞれ気にするレベルは違いますが、例えば客観的に見て深刻な事態になるかどうかを基準にするのもありですね。例えば「命がかかっている場合」や「金銭面や信用面で莫大な損害となる可能性がある場合」など。
  • 今までに2,3回確認したにもかかわらず問題が起きたことがあったのか(大体の場合は無いでしょう)

 

ちなみに確認行為にまつわる今までで一番不思議な不安感は、「ライターが何かの振動でこたつから落ちたらその衝撃でスイッチが入ってしまって火事になるかも……」です。冷静に考えたらあり得ないし、そんなことが起きたとしたら、もはやファンタジーの世界ですよね。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。