【強迫性障害】確認しても確認しても不安なときに思い出してほしいこと

Pocket

以前投稿した記事で確認行為をしたか確実にすることで、その行為を減らす方法を紹介しました。

いくつかのことは、この方法で確認回数を減らせるのですが、出来ないこともあります。

それがコンロのオンオフや水道の蛇口の開け閉め、ライターの消火などです。

この類のことについて不安になったときには、いくつかのことを思い出すだけで確認したい気持ちを静めることができます。

“【強迫性障害】確認しても確認しても不安なときに思い出してほしいこと” の続きを読む

Pocket

毎日がもっとスマートになるよ!最高に使いやすいコインケースはこれ!

Pocket

 

今日はおすすめのコインケースの紹介です。

カード主義の人には無縁な話ですが、知らないうちに小銭がたくさんたまっちゃうことってありませんか。特に10円とか1円とか微妙な金額とか。

それで知らないうちに財布がパンパンになってしまったり。これがお札だったら……

小銭を使おうと思って買い物しても、いざ支払うときになると小銭を探すのに手間取って結局500円とかお札で支払うことになるんですよね。

いい加減何とかしたいので小銭が取り出しやすいコインケースを探したらありました。

“毎日がもっとスマートになるよ!最高に使いやすいコインケースはこれ!” の続きを読む

Pocket

【強迫性障害】確認癖がひどかった僕が、確認を1回で済ませられるようになった方法

Pocket

「鍵閉めたかな」「火の元平気だよね」「トイレ流したっけ」などなど、不安になって何回も確認しにいくことありませんか。

僕は、以前この確認癖がよくあって、ひどいときは外出が1時間以上遅れることもありました。

こたつの電源が消えているか不安でスイッチのオンオフを10回以上繰り返していたんです。はたから見たらただのコントですよね。本人には切実な悩みなんです(その確認をしないと火事になってしまうって本気で不安になっているんですから)。

でも最近はこの確認癖が落ち着いてきました。専門的には薬を使った治療法もあるそうですが、僕が大きく改善することができるきっかけになった方法を紹介します。

その方法とは「確認と全く関係のない言葉を思い浮かべる」です。

“【強迫性障害】確認癖がひどかった僕が、確認を1回で済ませられるようになった方法” の続きを読む

Pocket

仕事をすれば「ちゃんと生活できる」と安心できた

Pocket

こんばんは、今日は仕事先のお客さん(おばあちゃんです)とのお話です。

“仕事をすれば「ちゃんと生活できる」と安心できた” の続きを読む

Pocket

失敗して何を思う?失敗したときの3つの感情

Pocket

こんばんは。最近家帰ると気が抜けちゃうので、誰もいないけど帰ったときに「おはようございます!」って言うことにしました。半日以上終わっているのにこれからまた一日が始まる気がしてお得な感じ……しないですか。

 

食事用のお盆が欲しいなと思っていたので、この土日につくりに帰ったんです。お盆といっても板をつないで幅広にして、枠を付けるだけだったのでそんなに難しくないなと思ったわけです。

結論から言うと普通に失敗しちゃいました。……恥ずかしい。

それで、失敗すると色んな感情が沸いてくるわけです。悔しさや恥ずかしさや、虚しさなどなど。僕は些細なことも気にして、プライドも高いのでこういう感情が本当に強く出ます。

ちょっとした工作の失敗から、自分の存在意義を疑うなんて僕って想像力豊かな人間でしょう?

そのまま終わらせるのもしゃくなので、失敗したときにどんな感情が起きて、何が原因にあるのかちょっと考えてみました。 “失敗して何を思う?失敗したときの3つの感情” の続きを読む

Pocket