美術解剖学の本がとーちゃく!さて、どう読もう

Pocket

ネガティブ・スペース・ドローイングをやってて、人の体のことを知る必要性を感じ始めました。体のことを知れば、描きたいことが描けるようになる気がするので。

さっそくそんなことが学べそうな本を探してみたら、3,000円程度とお手軽な価格でありました!

 

内容は

  • 筋肉や骨の名前など解剖学用語を解説した1章
  • 頭や腕など体の各部を解説した2章から7章
  • 全身のバランスやドローイング方法を解説した8章

でできています。

目標は、「生々しい線を描けるようになるかも」って感じをつかむ

今得ようとしていることは、何となく生き生きとした線、動きのある線を描けるようになりそう、っていう感覚をつけることです。

色気のある線を描きたいという思いがあったので、それを目指してやってみます。

どう読んでいこうかなー

具体的にどう読んでいくかですが

  • 暗記
  • 模写
  • デザインドールを使った体形やポーズづくり

をしながら、やっていこうかなーっと思います。

最初に体の各部のバランスを確認して、それを意識しながら模写(ついでに筋肉や骨も何となく頭の隅にいれつつ)、デザインドールでグリグリしていく感じですね。

模写の仕方

模写の仕方もしっかり決めてやってみることにします。

バランスをしっかりつかむために「単純なカタチでバランスを捉えてから」

無駄な線を引かないように「輪郭を捉えるように線を描いて」

「細かいところを調整する」

 

さぁ、明日からどうなっていくんでしょう。ワクワク。

 

2016/12/11追記 1週間が経ちましたー 美術解剖学をはじめてとりあえず1週間経ったよ!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。