トレード後の反省の仕方

Pocket

トレードした結果損失を出してしまうと、そのトレードを見直すのは結構つらいことですが、見直してみると意外といろいろな発見があるようです。

反省しようとするときに大切なことは、全体として「失敗した」と評価してしまわないことです。こうしてしまうと意味がないので、複数の項目に分けて評価することです。当たり前のことと言えば当たり前のことなんですが、悪いことが起きたときは大抵この当たり前ができなくなっています。

方向性

ポジションを開いたということは、順行して利益が出る可能性が高いと判断したからです。なので、まずは方向性を見直してみます。どの程度で逆行、どの程度で順行という判断はその人の見ている期間や考え方によると思うので一概には言えませんが、「強い順行」だとか「緩やかな順行」や「もみ合い」といった評価の仕方ができると思います。おおむね順行しているのであれば「方向性は間違っていなかった」と評価できることになります。

利確

ポジションを開いたなら、少なくともこれくらいの値幅は得られるだろうという判断もしているはずです。なので、その水準まで推移したか、しなかったかという評価ができるでしょう。加えて、もっと値幅が取れた場合やあるいは想定した値幅を取れなかった場合なら、見落としていたレジサポがなかったか、そうでなければ突発的な要因がなかったかを探ることができるでしょう。

ストップ

利確のポイントに加えて、ストップも設定していたのならストップが適切だったかどうかの評価も可能です。例えばストップまでの距離が離れすぎていたか、近すぎたかなど。もし離れすぎていたのであれば、エントリを待ってもっと引きつけることもできたと考えられます。あるいはストップが近すぎたのであれば、ポジションサイズが大きすぎじゃなかったか調べることもできます。

リスクとリワード

例えばリスクリワード比が1.0を切っているような状況であれば、エントリを早まっていたと考えてほとんど間違いないと思います。加えて、焦っていた可能性も十分に考えられるでしょう。基本的にはリスクに対してリワードが劣っているようならエントリをするメリットはないと考えるのが合理的な気がします。

分けて評価すること

当たり前のことですが、分けて評価をすることではじめて有効な反省となります。
といって、できれば苦労しないのですが……

加えて、分けて評価することは、不必要に気持ちを沈めたり、レッテル貼りしてしまう可能性を減らすことができる有効な手段になります。
単純に「失敗だった」と言ってしまうと、取り組み自体を否定してしまいかねませんが、分けることで、同じ出来事でも「部分的な成功と部分的な失敗」として捉えることができます。

全部駄目だったってなると気も滅入りますが、部分的に成功しているのなら気持ちも楽になりますよね。

トレード後にこれらの点を見直すメリットはこんな感じです。

  • トレード後のクールダウンに使える。次回のトレードへの悪影響を減らせる。
  • 直前のトレードの反省点であれば、次のトレードにすぐ活かすことが出来る。
  • エントリ可能なメンタルを保っているかどうかの判断ができる
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。