[TradingView]長期債券と短期債券の利回り格差をプロットしてみる

Pocket

今回は長期利回りを米10年債券利回りと短期利回りを米2年債券利回りの差を計算して、その差をグラフとしてプロットするコードを書いてみます。

任意の銘柄のデータを拾うにはシンボル名が必要になりますが、米10年債券利回りと米2年債券利回りはそれぞれ

  • 米10年債券利回り⇒US10Y
  • 米2年債券利回り⇒US02Y

として取得できます。

“[TradingView]長期債券と短期債券の利回り格差をプロットしてみる” の続きを読む

Pocket

[TradingView]ループを使ってSMAをコーディングしてみる

Pocket

Forループを使って単純移動平均(SMA)を実装する手順をまとめました。そもそもForループを使う必要はないのですが、練習のために。

“[TradingView]ループを使ってSMAをコーディングしてみる” の続きを読む

Pocket

[TradingView]Pineで直線をプロットする

Pocket

TradingViewでカスタムインジケータを実装するのに使うPineスクリプトを使って、直線をプロットする方法です。特に直線をひくことに意味はありません。

“[TradingView]Pineで直線をプロットする” の続きを読む

Pocket