冷静なトレードが出来なくなっているときの時間軸

Pocket

無駄なポジションを減らし、資金の減少を防ぐためには冷静なトレードが大切だと思いますが、問題なのはそれをどうやって実現するかです。

冷静なトレードをするためには自分が普段どういうトレードをしていて、冷静じゃないときにはどんなトレードをしてしまっているのかを知る必要があります。

その一つの目安として時間軸が使えそうです。

僕の普段のトレード

僕の場合、通常は15分足をメインにしてトレードをしています。上位足で1時間、4時間、日足を見てなんとなく流れを眺めて、ポジションのオープンを検討する段階で、5分足1分足を見るようにしています。比較的ストップを広く取れる手法を使っている場合は15分足レベルでストップを置くようにして、ストップを厳しくする場合は1分足でとったりします。

だから、いきなり1分足を見てポジションをオープンすることは絶対ありません。通常は。

冷静じゃないときのトレード

冷静じゃないときは、この15分足のチェックをすっ飛ばして5分足をみたり、1分足を見ています。当然ながらなんで開いたのか、不可解としか思えないようなポジションだらけになります。

基本の時間足に立ち返る

別に普段よりも短期の足でトレードするのは悪いことではないのですが、冷静じゃないときは色々と過程をすっ飛ばしてポジションを開きまくってしまいます。こうなると資金が減っていくペースが早くなり、待っているのは資金のショートです。

最近になってようやく「短期足でトレードをしてしまっている自分」に気がつけるようになりました。

簡単なことではありませんが、意識的に「普段自分が使っている時間軸」に視線を戻すように意識して、これを習慣化できるようになれば、無駄なポジションが減っていくはずだと思います。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。