GAS(Google Apps Script)備忘録

Pocket

“GAS(Google Apps Script)備忘録” の続きを読む

Pocket

転倒した人を救護したお話

Pocket

駅を歩いていたらすぐ近くで人が転倒してきました。自分の左前方に転倒してきたので、自分がぶつかって転倒させてしまったのかと思いましたが、どうもそうではなかったみたいでした。 “転倒した人を救護したお話” の続きを読む
Pocket

水耕栽培のコスト

Pocket

水耕栽培を始めて、初めての収穫ができたので水耕栽培のコストについてまとめました。 “水耕栽培のコスト” の続きを読む
Pocket

【Premiere Pro 2020】奥から飛んでくるボールのアニメーションのつくりかた

Pocket

オブジェクトの描画

モーショントゥイーンでオブジェクトを移動する

ボールのスピードとフレーム

アニメーションの速度、ボールを速く動かしたり、ゆっくり動かしたり変化をつけるにはキーフレームの間隔を近くして、なおかつアニメーションさせたい値の変化を大きくつけることで実現できます。
Pocket

モーショントゥイーンを使ってボールがバウンドするアニメーションをつくる

Pocket

Adobe Animateでモーショントゥイーンを使ってボールがバウンドするアニメーションをつくる手順を動画でまとめました。

モーショントゥイーンとは

2つ以上の状態(位置や大きさなど)を決めておいて、それらからアニメーションを作成する方法のことです。例えば、キャラクターが左端にいる状態と右端にいる状態からキャラクターが左端から右端へ動くアニメーションをつくることができます。モーショントゥイーンを使うとこの2つの状態の間の状態をAnimateが計算してくれます。単純なモーショントゥイーンでは直線的に変化するアニメーションになりますが、ぐねぐねと蛇行するようにアニメーションさせたり、加速させたり色々な制御ができます。

モーションエディタを使ってアニメーションを制御する

A点からB点へ直線上に移動させるだけでなく、蛇行させたり、放物線を描いたりするにはモーションエディタを使います。自分の手でいじることもできますが、今回はあらかじめ用意されているプリセット使ってバウンドアニメーションを実現しました。
Pocket